チェーン店と人間性

March 24th, 2012

今週、数年間住んだ武蔵小山から目黒駅近くの新居(”新築”じゃない)に引っ越した。
武蔵小山という街は、愛着を持っている人がけっこういて、おもしろい場所も色々あるようなのだけど、
自分がここに住んでいる間にそれを存分に楽しんだかというと、そうでもない。
うまいと言われている店も全部行ったわけじゃないし、例のスナック街も数度、
清水湯も最後になってやっと行った次第。でも、ほどよい住宅地の良さみたいなものは久しぶりに味わった。

また朝ネタになるが、引っ越す前に駅の近くの nemoというパン屋&カフェみたいな店で朝メシを食べた。
ここは割とおしゃれ寄りで、パンが美味しいこともあって女子受けがよい類の店なのだが、
タバコも吸えるし、適度にゆるく、朝ならおっさんが新聞を読んでいてもさほど違和感がないので
たまに行っていた。きっとオーナー(nemotoさんていうのかな、多分)がいい具合な人なんだろうな・・

等と考えているうちに、一人シンポジウム(無言)が盛り上がり始め、
「このくらいの感じの店がもうちょっと多くあってもいいんだけど・・・ありそでないよね」
「ていうか都心の朝食は結局チェーン系が数的にほとんどを占める現状についてどう考えるか?」
と少し緊張感のある議題に移ってきた。

そして「人間的なこだわりが見える店は、チェーン店に食われてこれからもっと減っていってしまうのか?」
さらに「逆に、チェーンオペレーションは、そもそも構造的に人間的たりえないのか?」
というところでちょっと掘り下げてみることに。

まず人のタイプというのがある。広げることを目的とするタイプの人は、
場所の”質感”のようなものにこだわることは少ない。
一方で「こだわりの世界観」の人は、深く掘り込む方へ行くものであり、
基本的に広げることを目的としないし、当然ながら広げることのディレクションには向かない。

ところで人間的というのは多分、手触りがあるとか、個人の顔が見えるとか、そういう意味で使っていて、
定義は曖昧なものだけど、ある程度の共通感覚はあるかと思う。
で、それはけっこう本質的な、つまり人間にとっての「快楽の持続性」のために大事なことに思える。
あるいは、人間的というのは、時間が経っても人を寄せ付けるもの、時間とともに魅力が増すもの、
といったこととも重なるように思う。

で、「時間とともに魅力が増すものがチェーン化して経済的に合理化されるのは難しい」
のかというと、人・サービスありきの店舗においては基本的にはそうなのだろう。
ただ、その必要がないと割り切ってしまうと最後に無個性的チェーンに世界が征服されて
しまうので、”その間の答え”を考えてしまう。
チェーン前提で事業を始める人が、そのようなテーマを特に意識しない場合が多いという構造はあるけれど、
少しずつ多様化していて、スタバにせよcafe companyにせよ、それぞれの形で
人間性を模索しているように思える。
経年変化でいい具合になっていく牛丼屋とかも、そのうち出てくるかもしれない。

ともかく合理性と人間性というのは、相反するようなイメージがあったけれど、
ようやく、相反するものではなくなってきた。
共存し、融合する。人間的だから合理的足りうる。
それらを両立させることは妥協的なことではなく、生き残るための手段にも近い。

また真面目ぶったノリになって参りましたが・・
いずれにせよ、店とか事業とか会社の魅力っていうのは、結局は思想があるか、ですよね。
それが儲かるかどうかはまた少し別軸なんだけど。



建築家の役割

March 11th, 2012



大京町の野口ハウスの前を走って通りかかったら、野口ハウスが解体に入っていた。
とても”渋い”建物で、通るたびに立ち止まって眺めていただけに、
解体される風景を見て、やけに悲しい気持ちになった。
このマンシオンの仲介を最初にしたのは7年前、R不動産のかなり初期の時代で、
確かまだ2つ目の売買仲介案件だった。売主会社がちょっとアンフェアなことをしてモメたのを思い出した。

工事のお知らせ看板に近づいてみると、事業主はパナホームとなっていた。
パナホームがダメだというわけではないけれど、
この建物がパナホームのつくるマンションになるのは、個人的な感情としてやっぱり寂しさを感じた。

今のところ世の中はまだまだ大手資本が強い。不動産の世界ではむしろ強さを増している。
なぜ大手が強いのか。単純に言えば、大手の方が、
売り値から費用を引いたもの、すなわち利益が多くなることが多いから。
「信用」があるから高くなる。それは「趣味の良さ」よりもある種の「信用」に価値を感じる人が多いから。
「費用」はたくさんの仕事をしてる会社の方が基本的には安くなる。
そして何より大手は「営業」のパワーがある。
世の中のベクトルは常に双方向的な作用反作用が起こるから、逆の力も着実にあるけれど、
今はこの綱引きは、全体として大手が優勢な状況が強くなっていると思う。

そんな構造に対してどう立ち向かうかという事について、もっと建築家と話したいと思うようになってきた。
本来、建築家には色んな役割がある。
他に例えるなら、グローバルな現代アート文脈の先端を勝ち抜くことだけがアーティストではない。
現代音楽の前衛だけが偉いわけではなくて、サザンオールスターズは素晴らしい(ていうか、好き)。
もちろん、だからといって音大でロックを教えたり美大でマンガを教えるべきとも限らないので、
大学の建築学科はマッシブなマーケットに対するアプローチを教えよと言いたいわけではないけれど。

震災に対する建築家たちの、様々な提案や議論の姿勢を見て、立派だなあと思ったりする。
コミュニティデザイン的分野への若者の関心を見ていても、視点は広がっているんだなと思う。
であるならば、もっといろんな仕事があるよ、もっとおもしろいこといっぱいあるよ、
いろんな達成感や、いろんな価値観の持ちようがあるよ、ということを思うわけだ。

自分に近い話で言えば、資本の論理やマーケティングについてもっと理解を深めることで、
建築家はもっともっと社会を革新できる。新しい守備範囲やマニフェストテーマが生まれる。
しかも、今その資本の論理やマーケティングといったものは、大きく変化するタイミングにある。
徐々に新たな持続的枠組みに移行するここからの数十年は、
今の大きなシステムと新しい価値観の両方を理解する中からすごく大きな発見や創造ができるはずだ。

基本的に建築が好きな人はマッシブなこと、大多数の日本人の感覚に直接訴求することと
相性が悪いかもしれない。
だから、パナホームに入社してそこからイノベーションを起こせ!と言うわけではないけれど、
生産性の高いプロトタイプを提案することにもっと興味を持ったらいいとは思う。
エネルギーの議論にはすごく興味を持つのに、資本の力に対する議論には思考停止するというのは、
怠惰ですらあるのではないかと思う。(思考停止してないよ、と言われるかもしれないけど)

そして、そういう中から、新しい美学も生まれるんじゃないか。
機械化合理化の流れへのアプローチからモダニズムが生まれたように。
実際、日本のチマチマした都市構造から、いわゆるトーキョー的な住宅のデザインが出てきて、
それが知的な意味でも世界にインスピレーションを与えている面はあると思う。
日本には、社会構造的にも、そして経済構造的にも、色んな固有の文脈がある。
そこには新しい答え、あるいは新しい問い、はたくさんあると思う。

こういうことを言うのは、もう一つ重要な思いがある。
それは、古いタイプのデザインアーキテクトは、その多くがこれから「食えなくなる」ということ。
構造はさらに加速的に変わっていき、トラッドな「意匠力」の経済的競争力は下がる。
タマホームはめちゃくちゃ強い。スターツの免震マンションは超パワフルな訴求力がある。
雑誌で建築家特集やリノベーションの話が増えたとかいって、それで
「人々は以前よりデザインに敏感になっている」なんて言っているのはかなりマヌケだ。

”僕ら”にとって、状況はそんなに楽観的なものじゃない。
一部の天才を除けば、戦略転換が必要なのだ。

ともかく、がんばらなきゃ!
(↑そんな結末かよ?)

近々、アトリエアーキテクトにとってさらに厳しい時代になる構造について
もう一回別の角度から書こうと思います。

・・それにしても、なんか、やけに真面目な感じになってきちゃったな・・






残念な判断

March 4th, 2012

マーケティングリサーチや過去実績に基づいた、ある程度の精度で結果が見える企ては、リスクをとる意思決定者にとって、当たり前だけど、乗りやすい。そういう企画というのは基本的に新しくはないから、さほど驚きや感動がない場合が多いのだけど、それだけだとつまらないから、クリエーター的な人たちや、チャレンジ精神旺盛な素敵な経営者などは、時として、感性や創造力によって新しい可能性を提示したり、それに賭けてみたりする。大事なことだ。

こういうときによく見られる2つの残念なパターンがある。1つは、それが実は素敵で成功する「正解」なのにそれを認識できず見送ってつまらない判断をするパターン。もう1つは、提示された「新しい可能性」や「感性の産物」が残念ながら外れているのに乗っかってしまうパターン、である。これらがいわゆる「残念な判断」だ。

これらの残念が起こるのはそもそも、ビジネスとかマーケティング目線のカンや想像力と、クリエイティブ目線の認識キャパが、(意思決定する人やアイディアを出す人、いずれも)に「同居」しにくいことが大きな原因としてある。で、おっさん~意思決定者のことをそう呼ぶことにする~が自分で結果を想定できないアイディアにも「やってみよう!」とせっかく勇気を持って乗っかっても、やっぱり時々外れてしまう。建築や不動産のプロジェクトだと額が大きいだけに、痛い話となる。一方、アイディアが実は見事に成功しうるものなのに、それを認識・想像できないおっさん(達)が見送ってしまう場合は、「痛さ」はさほどではないが、旅行先で死ぬほどうまい蕎麦屋を知らずに通り過ぎて隣の今一な蕎麦屋に入ってしまったくらいの哀しさが生まれることになる。

課題は2つある。提案した本人だけでなく、上記両方の目線を含めた想像力を持った第三者から見ても、明らかに成功する創造的な解だとわかる場合に、それが成功する解だということを意思決定者がいかに知れるか。限られたプレゼン機会や検証では、その認識は大抵不十分になる。もう1つはその逆で、一見おもしろくてうまく行きそうだけど、両目線的に”見えている”人からすれば、明らかに商売的に×、みたいな場合にそれを意思決定者がいかに知れるか。

誰のデザインがどういうタイプの仕事においては当たる外れる、とか、誰々がやる店はきっとこういう条件や規模ならだいじょうぶだろう、とか、誰々のアイディアはリスクは高いけどスゴい結果が生まれることもありそうだ、だけどそのあたりは誰々がアウトプットを見ればどっちかだいたい判断できる、みたいな、そういう見立てができる人というのは、ある程度、いる。それは有名性とはさほど関係ないけれど、専門性にはある程度関係ある。

残念な判断を減らし、素敵でアツい判断を増やしていくには、そうしたプロフェッショナルレビューのような場があるといいかもしれない。それはfacebookのような大きくオープンなプラットフォームで展開するのではないような気がする。情報を活用するユーザーは当然限定的で、それなりの対価を払う。レビューする人も責任を持って仕事としてレビューをし、その情報・判断の質も問われ続ける。confidentialityは誰かがしっかり管理する。みたいな。どうかな。。もうちょっと考えてみることにする。



朝目黒

March 1st, 2012

目黒駅近くに引っ越すことになった。
家の近くの行きつけモーニング喫茶店はとりあえずここになりそう。
独立系だと朝食に挫折する店が多く、
ここも朝は人が少ないのでちゃんと人が来て続くよう宣伝しとかないと。「珈琲屋ROW」です。
すごく美味しいよね、あそこ行くんだ、趣味いいね!
というほどでもない普通な感じが、落ち着いてよいです。



経済的スタイリッシュ的な

February 23rd, 2012

今朝はなんとなく、家で納豆を食べずに朝一で原宿のドトールに来た。
表参道口の方のドトールに久々に入ったら、やけにおしゃれっぽくなっている。
こじゃれたホテルのラウンジ的に、壁が本棚みたいになっている。
近づいてみると本棚がプリントされたカーテンがガラスの中に収まっていて、
まあなんというか、うまいというか微妙というか。
2階に上がるとこちらも改装されて、いわゆるホテルライク?的な空間になっている。
木目シートばかりでつるつるなんだけど、まあ見た目には落ち着いた感じ。
以前はなんとなく奥のエリアが喫煙だったのだが、ガラス扉で仕切られた。
ボタンで自動ドアを空けて入る方式。中には煙の中で苦い顔をしたおっさんと姉さんが数人。

マクドナルドもそうだけど、チェーン飲食の内装ってのはだいたいこういう感じになるのだろう。
経済的スタイリッシュ化、みたいな。プラス事業効率的機能解決。
一人客用のカウンターもマックと同じで、カウンター上にはコンセントがあって、
天板には「あなたはここからここまで」の線が引いてある。
だいぶ前から電車の座席もさりげなく区切りがわかるようになって、あれはいやじゃないんだけど、
コーヒー屋でこのカウンターはどうもいやだ。
効率を上げたりクレームをなくす工夫は日本はとびきり上手いけど、
基本的にはバンソウコウ的な対処発想ばかりだ。短絡的で浅い感じ。美意識に欠け遊びがない。

と思ったら隣でOLさんが「ね、ここのドトール落ち着くでしょ?」と言って、男も同意してる。
カウンターでは皆、行儀よく線と線の間に収まっている。
そして自分も「まあ・・前より落ち着く、かな・・」と思い、線の間に収まっている。
でも、こういうふうに進んでいくのはやっぱりまずい。
便利で効率的になると自由度も増やせるからいいのだけど、ツルツルした都市はイライラする。
深みのある感覚を忘れる感じがする。

自分はこういうモノのつくり方に慣れないようにしよう、というのが一つ。
一方で、量的にマイナーな領域でマニアックにこだわって、
その割には世の中に大いなるメッセージも投げかけられずに終わってはしょうがない。
これからは、価値観から問いかけつつ、人間的なものが広がるような大きな仕掛けを
事業者の立場でしていくというのが自分の使命のような気もしている。

言ったり書いたりだけでは自分は大した影響力は持てないし、
世の中引っ張るのはやっぱりベンチャーだから、ビジネスで勝っていかないといけない。
小さくこだわると弱い勝ち方か引き分けしかできないから、もっと大きな目線でいかないといけない。
そして、巨大なるダメなものたちを撃墜しないといけない。
勝っていくにはやっぱりバランスも必要になる。ジョブズみたいに妥協なくドカんと勝てればいいけれど。
妥協なく言い切ってやりきるか、バランスとりながらいくか。

これから空間づくりの新しいシステムをつくろうと思っているけど、
たくさん売れる、ということもやらないといけない。
最初は狭くいくとして、最終的にどこまで広くやるのかという問題がある。
それに対する僕らのスタンスを固めていこう。

と、いうようなことを考えたところでドトールを出てきた。
それにしても380円のホットサンドのセットはパンが小さすぎで話にならなかった。
別にドトールが嫌いなわけじゃないけど、もう少しがつっと食べられる朝の店が欲しい。



文化施設と商業施設

February 18th, 2012

今日も自転車で代官山ツタヤ(Tsite)の前を通った。
あの場所にああいう空間ができたのは、やっぱり大したことだ。
資本合理性的なルールに従えば、論理的には高級マンションになる(なってしまう)。
それが一番、あの土地を高く買えるパターン、セオリーだから。
でも、全てが合理的なセオリー通りにいかないというところにおもしろさがあるわけで。

初めてヒルサイドができた頃は、マンションにせよオフィスにせよ
今より総じて遊び心や文化的挑戦(はたまたエゴの表現)がいっぱいあった。
でも、資本の論理がより強化された今でもこういうチャレンジは起こる。
ここではしかも、大きな会社がそれを仕掛けている。
一つ一つの物件ごとに収支を積み上げて行くディベロッパーには、これはそうそうできないだろう。
もっと大きな事業全体の文脈や価値の構造があって、その可能性に思いを重ねていかないと、できない。
しょせん、今のディベロッパーがやれることなんて知れてるなあと思う。

ともかくこの T-siteというのは一人の熱い経営者の思いがあるからできたわけであって、
ここでの事業が成功するしないはまだもちろんわからないんだけれど、
僕にとっていろんなことを考えるきっかけが満載ということもあって、
増田さんのここへの思いやテンションにはとても興味を持っていた。
で、嬉しいことに今週、増田さんと初めてお話する機会を得た。
大きな経営者の頭の中をいろいろ覗き見ることができて、本当に刺激的だった。

ここを自転車で通りかかると、ガラス越しに万年筆の売り場が見える。
何千本あるのかわからないけれど、とにかくすごい数の万年筆がディスプレイされていて、
なかなか圧巻な空間になっている。
これはある意味、文化施設のようにも見える。
もちろんこれも商売の空間であるし、美術館でも博物館でもないのだけど。

それを見ていて思ったのは、そもそも文化施設というやつは今の時代、
商業施設ともっと一体化してしまった方がおもしろいのではないかということ。
美術館のミュージアムショップも楽しいんだけど、
ショッピングと文化体験がもっとグチャグチャに重なった場所はきっとおもしろいだろうし、
そもそもそこに線を引く必要があるともあまり思わない。
自治体がやるか企業がやるかという区分けも本質的な話ではなく、共同事業でやればいいだけのことだ。
そういう施設のコンセプトを出す作戦会議をやったら楽しいかもしれない。



快楽サステナブル

February 12th, 2012

で、ひとまずタイトルの意味について書いておきます。
林厚見のなんとか日記、みたいのはイヤだし、かっこいい造語も思い浮かばず、
で、せっかく真面目にいこうと思ったからには
僕が真面目に価値基準にしていることを言葉にするとなんなのだろうと考えてみました。

で出てきたのが、快楽サステナブルという言葉。
僕の基本的な拠りどころというか、結局こんな感じだなと。
快く(=気持ちよく)、楽しく、それが持続的であること。
自分もそうだし、周りも、世の中も、はたまた動物や自然も、
みんな全体として、そうだったらいいじゃん、と思うわけです。
快く楽しい、は人によってその中身や基準は違うし、同じ人でも変わっていくんだけど、
今は僕が思うそれを自分なりに追求していけばいいと思ってます。
長い目で見て総じて快楽持続的であるようにするということ。

僕は基本的に楽しいかどうかをかなり重視して生きているけど、
なんでもかんでも楽しければいい、という話ではないです。
快さや楽しさはダラダラ遊んでばかりいるとなくなってしまうわけで、
がんばったり進化したりするから快さや楽しさが持続できるのです。少なくとも自分の場合。
それともちろん、直線的な上昇志向に対する違和感と、
安全とか安定とかばかり言うのもどうなのよ?というのもあります。
感動したり驚いたり興奮したりドキドキしたり
たまにつらかったりハラハラしたりしたいじゃないかと。
割とテンション高めの快と楽。
もちろん僕らが豊かで平和な日本に生きているからこういうことを言えるのですが。

いきなり儲かってリタイアしたり超偉くなっちゃってその先のワクワクが
なくなっちゃったりするのはイヤで、続いていくのがいい。
だいたい、世の中は快楽主義的でないとヤバいと思ってて、
効率追求や安全安定ばかり考えるようになるから、変なことになる。
余談だけれど、個人的に椎名林檎が好きなので、
ちょっと椎名林檎のタイトルっぽい響きが気に入ってるというのも若干、あります。



ようやく

February 12th, 2012

ブログを書くことにしました。

とりあえず始める理由を書いておきます。
別に僕以外の人にとってはほとんど意味ないと思いますが、後で自分で思い出すために。

理由の一つは昨年末に40歳になったこと。
今まで僕はまだまだ自分は若い、まだ助走期間だくらいな感覚でいたのですが、
いやそうでもないんだな、という感じがちょっとあったのです。
で、まだまだやりたいこと全然できてないじゃん!ぼーっとしてるとすぐじいさんじゃん!
と思い、少し焦ったというのがあります。
今までどうも斜に構えて、あるいはカッコつけて、
真面目なことを語ったりつぶやいたりするのが
若干照れくさくて避けていたところがあったのですが、
だけど、けっこう真面目に色々考えていることもあるし、
それをこういうところで書いておくのも、
世の中に大したプラスになるとは言わずとも、マイナスでもなかろうし、
やりたいことは、いろんなところで言ってる方ができるだろうし、
何かのきっかけになることもあるかもしれないし、などと思ったわけです。

で、それを加速させたのが友人(後輩)の死でした。
彼はやりたいことが僕にすごく似ていて、興味を持つものも近かった。
好奇心旺盛で、いい奴で、さあこれから、というところでこの世を去った。
これは僕に大きなインパクトがあった。
あいつがいたら色々おもしろいこと一緒にできたなあ、あいつ悔しいだろうなあ、と思い、
そして、だったら俺がんばろう、という気持ちが自然に沸き、
「あいつの分まで」みたいな感覚も、今まで殆んど意味がわからなかったけど、
初めて自分の中に生まれた。で、背中を押されたと。

140字じゃ真面目なことはどうも言いにくいし、
facebookで今日の昼飯!とかと混じって書くと
どんどんしょうもないネタばかりになりそうだし、やっぱりブログにするか、ということです。

あ、あと去年は本も書いたりして、書くのも割と嫌いじゃないなと思ったり、
考えを整理するにもいいなと思ったことも、ありました。
(ちなみに以前、新島に宿をつくったときにもプロジェクトブログは書いてたんですけど。
これ→  http://niijimar.exblog.jp/10528383/ )

いつまでやるか、どういうふうにやるかは、考えながらということで。

 

 



© 2012 ATSUMI HAYASHI BLOG |
快楽サステナブル Design by The Up!
PAGE TOP