牛と桜

March 31st, 2012

それにしても生肉問題がまだ頭から抜けない。
なぜ自分がレバ刺し問題に強く反応するのかよくわからないが、恐らく
僕らの自由をあえて損なおうとする感じとか、
リスクを減らしてリターンはもっと減らしちゃう感じとか、
もっと重大なリスクを無視していることに対するモヤモヤのせいだ。

「一部のクレーマーのせいで多くの人の幸せが損なわれる」「小さなリスクのヘッジのために大いなるリターンを失う」というのは日本では本当によくある。
マンションの世界なんかも、それでつまらなくなった面がすごくある。
(自分も怒られるとすぐ委縮するタイプなんだけど・・)
小学校から「リスクとリターンはバランスで見るんですよ。リスクをゼロにすると幸せもワクワクも消えるんですよ」と教えないといけない。

一方で、花見や花火や伝統的な祭りというは大したもので、
自分が興味ないのに道路閉鎖や騒音で迷惑を被る人もいるはずなのに、かなりのコトが許される。
「素敵なこと」だと大多数が認識していて、かつ
「オトナも子供も楽しめる」というのが大きいのだろう。
あるいは日本人は「日本」が好きだということかもしれない。
花火と温泉と桜という3つについては、いつもその圧倒的な集客の幅と量に感心する。

レバ刺しは、子供にはわからない。周りの女性たちもそこまで思い入れがない。
今一歩、力が足りないのか。残念だ。
納豆に同じことが起こらないことを僕は切に願う。

しかし僕以上に悔しいのは牛たちのはずだ。
「ちくしょう!俺たちの肝臓はしょせん桜にはかなわないんだァ!」
という悲痛な叫びが聞こえて来る。・・いや来ないな。





© 2012 ATSUMI HAYASHI BLOG | 快楽サステナブル Design by The Up!