コンサバ

September 20th, 2012

久しぶりにフランスとスペインの街を何カ所か回っての雑感もろもろ。

・相変わらずヨーロッパ都市の中心街の風景は、変わらない、崩れない、美しい。
 コンビニない、スタバもあまり増えてない。

・ヨーロッパの意匠をひたすら守っていて、昔から、他の国からの輸入にあまり興味がない。
 プライド高く、コンサバティブ。そして、ある種の退屈。我慢は強さ。
 日本は輸入の歴史。コンプレックスがあるのだろう。

・同じ美学をずっとやってるから、誰でも一定のレベルでできるようになってる。
 田舎の爺さんでも、きれいにまとまった店をつくる。
 コードの共有と伝承。手本て大事だよね。

・日本はそのような同じ美学による統一でなく「異質」をどんどんやっていけばいいと思うけど、
 ある種のコードは誰かがつくるべき。コード開発と異質追求と、両方。
 建築家も、前衛・異質をやる人と、コードや手本やる人がいないといけない。半端はいけない。

・パリというのは街全体が世界の表参道って感じ。
 好きだけど、どこいっても全部オモサンだとちょっときつい。
 でもここにはいわば青山が好きな人が集まってるから、これが保たれていく。

・例えば歌舞伎町とかあまり好きではないけど、あれが落ち着く人もいる。
 いろいろある東京はいいなとは思う。ただ、中途半端も多い。もっと色んな濃さができたらいい。

・いずれにせよヨーロッパのコンサバ風景は価値あるものだ。
 これから経済戦争で劣位になって、侵略されて壊されないように願いたい。

・なんか、建築の意匠ってテーマとしてはだんだんきつくなってるというか。
 車も携帯も、形態(だけ)の追求ってもうコアテーマじゃないように、建築もさすがに。。
 意匠中心にで勝負できる・勝負すべき機会はごく一部。
 そんなことを感じた。





© 2012 ATSUMI HAYASHI BLOG | 快楽サステナブル Design by The Up!